Cover 21525034713 4020368200 z 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

男性だからと言って油断できない?!男性の乳がんとは?

2016/03/15

ハリウッド女優のアンジェリーナジョリーさんが乳がんの遺伝子検査を受けて乳房切除をしたことが一時期話題になりました。このニュースは、多くの「女性」が乳がんの遺伝子検査に興味を持つきっかけとなりました。乳がんと言えばやはり「女性の疾患」というイメージがあります。 乳房があまり発達していない男性にとって、乳がんはマイナーな話題に思えるかもしれません。しかし、男性でも油断はできないという報告があります。

男性の乳がんとは

男性にも乳房組織がある事をご存知ですか?その量は少なく、思春期の女の子と同じぐらいの量だと言われています。女性の場合、この組織が発達し大きくなるのですが、男性の場合は大きくなりはしません。それでは、一体どのような男性が乳がんにかかりやすいのでしょうか?

かかりやすい男性は

35歳以下の男性に乳がんが発症するのはとてもまれだと言われています。しかし、下記の条件に当てはまる人はかかりやすいという報告があります。

  1. 女性の親せきに乳がん患者がいる場合
  2. エストロゲン剤を摂取している人
  3. 薬やホルモン剤等によって、乳腺組織を発達させ乳房が腫大した経験がある人
  4. (胸部が)放射能に露出した経験がある人
  5. 深刻な肝臓の疾患を患っている人
  6. クラインフェルター症候群と呼ばれる、まれな遺伝病を持っている人
  7. ムンプス精巣炎等、前立腺に問題がある人

症状は女性と全く同じなのか

男性の乳がんの症状は女性のそのものと似ているようです。自覚するきっかけとして、胸にしこりを感じると言われています。しかし、女性とは異なって男性の場合自覚症状があったとしても、深刻になるまで病院に行かない傾向があります。ちなみに、治療は女性と同じ方法で行われます。

大きな男女差の1つには、男性の乳がんの場合ホルモンセラピーにより反応がいいと報告されています。男性の場合、全く関係ないと思うかもしれない病名ですが、なんでも油断するのは禁物ですね。

参考文献
  http://www.cancerresearchuk.org/about-cancer/type/rare-cancers/rare-cancers-name/breast-cancer-in-men

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK