新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover japanese food 993053 1280 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

2017年にはお正月太りを撃退!自分の遺伝子を知って効果的にダイエットをしよう!

2017/01/06

 2017年が始まりましたね!仕事始めには重い体を何とか動かして出社したなんて人も多かったのではないでしょうか。お正月の豪華な料理と運動不足で、今年も太ってしまったというあなた。実は、冬こそ痩せやすい季節ということをご存知でしょうか?

体内で熱産生が起きている!

 外気の温度が10度以下になると体は体温を維持し、内臓を冷えから守ろうとはたらくため、夏よりも代謝は上がりカロリーが消費されやすくなります。そのため、本来であれば冬のダイエットはむずかしいものではないのです。

何を食べて何を控えるべきか、それは遺伝子に聞こう!

 年末年始は、年越しそば、お雑煮、砂糖がたっぷりと入ったおせち料理、日本酒やビールなどのお酒が定番ですね。これらの共通点として、糖質が多いという特徴があります。近年では糖質が悪者のように扱われ、糖質制限ダイエットなども話題になりました。
 しかし!実は同じ量の糖質を制限しても、人によって痩せやすい人とそうでない人がいます。その違いは、ずばり遺伝子。β3ARという遺伝子に変異がある人は糖質で太りやすいという特徴があり、正月太りをしやすいタイプといえるかもしれません。対して、UCP1という遺伝子に変異がある人は、脂質で太りやすいタイプ。お正月太りというよりクリスマスのケーキやフライドチキン、キッシュやグラタンが原因だったかもしれません!

関連記事:遺伝子型別レシピー【りんご型】https://ge-no.com/articles/95
関連記事:遺伝子型別レシピー【洋なし型】https://ge-no.com/articles/139
関連記事:遺伝子型別レシピー【バナナ型】https://ge-no.com/articles/141


 このように、遺伝子によって太る原因は異なります。GeneLife®肥満遺伝子検査キットでは3つの遺伝子から、あなたの肥満傾向をお調べします。 遺伝子は一生変わることがないので気になる方は一度調べてみることをおすすめします!

この記事に関連するタグ

肥満 ダイエット 遺伝子 正月太り
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK