新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover baby 507335 1280 4
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

生命の不思議!キメラ人間ってご存知ですか?

2015/12/04

昨年、アメリカワシントン州に住むある夫婦から、元気な男児が誕生しました。体外受精で授かった待望の子であったため、夫婦はとても喜んでいましたが一転、なんと赤ちゃんの血液型が父親と異なることが判明しました。最初は、治療を行ったクリニックのミスで他人の精子が混合したのではと疑われていましたが、精密な解析をした結果、なんと父親の実子ではなく甥にあたる子であることが明らかとなりました。一体これはどういうことなのでしょうか。

キメラ人間とは

人間は本来、父親と母親のそれぞれから半分ずつ遺伝情報を受け継ぎます。しかし、今回の父親のように遺伝的に異なる2個(以上)の個体に由来する細胞を、同一個体内にもつ状態をキメラと呼びます。キメラは、本来双子で生まれるはずの受精卵が妊娠初期に合体する、若しくは双子の細胞がもう片方に混ざり込むなどして、両方の遺伝子を持って生まれてくる現象です。 2003年には、ある女性が自分の子供の社会保険金をだまし取ろうとしているのではないかという詐欺の疑いにかけられていましたが、後に彼女もキメラであることが分かったようです。これらのケースは、幸いにもキメラであることが発見されたケースですが実は、キメラは私達の周りにもいる可能性はあります。彼らは、肌が明らかに2色に分かれている、両目の色が違うなどの外見的特徴が表れている場合もあるようです。

今後、遺伝子研究や体外受精や不妊治療の普及により、このような事例が報告されることも増えていくかもしれません。稀な存在として捉えるのではなく、個性の一部として受け入れていくために、個人と社会の理解が必要ですね。

参考 http://www.medicaldaily.com/human-chimera-paternity-test-reveals-child-fathered-long-lost-vanished-twin-absorbed-359050

この記事に関連するタグ

キメラ 双子 不妊治療 遺伝子 体外受精
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK