Cover cc by 3.0 credit to tibor v gh
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。CC By 3.0,Credit to Tibor Végh
CLIP

体脂肪率が半減する!?奇跡の「ダイエット遺伝子」が熱い!!

2015/09/08

「痩せないデブはただの豚」「脂肪は言い訳の塊」「服がダサいんじゃない 自分の身体が醜いのだ」 心に突き刺さる言葉ですね。辛くなってきました。これらは、ネット上で見つけたのですが、「ダイエットの名言」らしいです。ダイエットは、現代人が多かれ少なかれ抱える悩みの1つかと思いますが、なんと脂肪の燃焼に関与すると考えられる1つの遺伝子が発見されたようです。

合言葉は、FTO!!

MIT大学研究チームは、適正体重の欧米人100人を対象に、遺伝子解析を行いました。その結果、FTOという遺伝子の変異の有無が脂肪細胞の燃焼に関与していることが判明しました。FTO遺伝子は、これまでにも肥満との強い関連性が指摘されていましたが、今回はそのメカニズムが更に明確になったようです。 FTO遺伝子変異の有無が、IRX3とIRX5という2つの脂肪組織を作る遺伝子に作用しており、そのことが結果的に脂肪燃焼の増減に関わるというのです。IRX3とIRX5には、エネルギーの燃焼を抑制し脂肪細胞を貯蔵する働きがあります。研究チームは、これら2つの遺伝子の働きを遮断したところ、ヒトの細胞内で脂肪の燃焼サイクルが増加したことが確認されました。また、マウスで実験した場合、IRX3を遮断すると、脂肪燃焼が増加し、運動量や食欲は変わらずになんとマウスの体脂肪量の増加率が半減したことを確認したようです。

研究チームは、今回の研究結果から肥満予防の薬剤開発に繋げられると考えています。食事制限や運動なしに、簡単に体重を減らすことが可能になる未来はやってくるのでしょうか。

FTO遺伝子は、今回の研究以外でも肥満との関連性に関して数々の研究結果が発表されています!自分のFTO遺伝子を知りたい方は、GeneLife Genesisをおススメします!

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26287746

この記事に関連するタグ

FTO遺伝子 ダイエット 遺伝子 脂肪燃焼
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK