Cover credit to paul falardeau cc by 2.0  1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Paul Falardeau, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

本日のおススメ記事油断禁物!家族性とは関係ない乳癌遺伝子発見?

2015/09/25

アンジェリーナ・ジョリーさん効果によりここ数年で、遺伝性乳がんや卵巣がんに関心を持つ人が増えてきました。難しくて覚えにくい遺伝子名ですが、乳がんや卵巣がんに関わるBRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子だけは、耳にしたことがある人も多いでしょう。これらの遺伝子を調べる検査キットは、今やネット上でも簡単に探すことが出来ます。しかしカナダのある研究によれば、BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子を調べるだけで安心するのはまだ早いようです。

出身によって乳がん発症リスクが変わる?

乳がんの発症には様々な要因がありますが、およそ10%は遺伝性によるものとして知られています。しかしその原因遺伝子は、今まで半分も明らかになっていません。今回、トロントにあるWomen’s College Hospital(WCH)の研究チームは、新たな乳がん遺伝子を発見したようです。 研究では、ポーランド出身の女性とフランス系カナダ人女性の中で、「BRCA1遺伝子、BRCA2遺伝子が要因ではない乳がん患者が家族にいる女性」を対象として遺伝子解析を行いました。その結果、RECQLという遺伝子に強い相互関係が発見されたようです。RECQL遺伝子は、DNAの復旧に関わる酵素遺伝子として知られています。なんと研究では、RECQL遺伝子変異を持つポーランド人女性は約5倍、フランス系カナダ人は約50倍も乳がん発症リスクが高くなることが確認されました。さらに全体で見ると、RECQL遺伝子変異を持つ女性のおよそ半数が乳がんを発症したということです。

今回の研究対象者は限定的ですがアジア人の場合はどういった影響を受けるのか、今後の研究に期待したいと思います。


■ジェネシスヘルスケアでは、家族性乳がん・卵巣がんの遺伝子検査を開始しました。

詳しくは下記にて

http://genesis-healthcare.jp/information/brca/

 

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Germline+RECQL+mutations+are+associated+with+breast+cancer+susceptibility

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

乳がん BRCA1 アンジー BRCA2 RECQL遺伝子
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK