01 01

What’s「Gene」?

ヒトの体の設計図?遺伝子(Gene)とは?

ヒトの体は皮膚、筋肉、心臓、肝臓、胃、肺、脳など、様々な特徴と機能を持った部位から成り立っています。これらの部位はすべて、細胞という小さなパーツが組み合わさってできており、筋肉は筋細胞、肝臓は肝細胞、脳は神経細胞によって主に形成されています。それらを全て足し合わせると、ヒト一人あたりの細胞の数はおよそ60兆個あります。そのような膨大な数の、多種多様な小さなパーツによって、ヒトの体は形成されています。

01 02

ところが驚くべきことに、この60兆個の多種多様な細胞たちは、すべて同じ設計図を持っているのです。ヒトの体の設計図は、「デオキシリボ核酸(DNA)」と呼ばれる物質によって書かれています。DNAはアデニン(A)、チミン(T)、グアニン(G)、シトシン(C)という4つの塩基で構成され、様々な順番で並んでいます。この「A」「T」「G」「C」の並び方こそ、親から子へと受け継がれ、ヒトの個性を生み出す「遺伝情報」なのです。この遺伝情報全体のことを「ゲノム」と言い、ヒトの場合は「ヒトゲノム」と呼ばれています。ヒトのゲノムの中には様々な情報が記されており、ほとんど意味の無い領域もあれば、ヒトの体の部品を作るための重要な情報を記録している領域も存在します。

この「ヒトの体の部品を作るための重要な情報を記録している領域」、それが「遺伝子」です。ヒトのゲノム上には、およそ26,000個ほどの遺伝子が載っていると考えられており、それらの遺伝子の使い方の組み合わせによって、多種多様な細胞が生まれてくるのです。さらに、個々の遺伝子には性格や体型、運動能力等、ヒトの個性を決定する情報も記載されています。つまり、遺伝子はヒトの体を作るための設計図であると同時に、ヒトの個性を生み出す設計図でもあるのです。そのため、遺伝子は「生命の設計図」と表現されることもあります。ヒトの設計図は、巻物のようにいくつかの巻に分かれており、ヒトの場合は23巻2セット、合計46巻に分かれます。

その巻物、一巻一巻のことを染色体といいます。つまり、ヒトの設計図はおよそ26,000個の情報が記載された、DNAで書かれた23巻2セットの合計46巻の巻物なのです。今ではヒトのゲノムだけではなく、様々な生物のゲノムが解読されており、その数は3,000種を超えました。ヒトと他の生物間では、生命の設計図である遺伝子が大きく異なります。研究者たちは様々な生物の設計図を知り、それをヒトの設計図と比較することで、ヒトとその他の生物の違いを遺伝子から明らかにしようとしているのです。

一覧へ戻る

  • 1/4

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK