新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
03 01

Useful「Gene」

The world of Genetics~遺伝子研究の今~

自身の遺伝子を知ることに、いったいどのような利点があるのでしょうか? 前述のように、病気のなりやすさは遺伝子によって違いが生じます。自身の遺伝子を知ることで、あらかじめ自分が罹りやすい病気を知ることができるのです。

2013年、ハリウッド女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが遺伝子診断を通じ、乳癌予防のために乳房を切除したニュースが注目されました。彼女は乳がんになったから手術をしたのではなく、遺伝子検査及び診断を受けた結果、乳がんになる確率が高いと判明し手術を決断したのです。これは究極的な選択の1つの例ですが、アンジェリーナ・ジョリーさんのように、遺伝子を調べることで、自分が罹るかもしれない病気を未然に防ぐという選択肢を持つことができる時代がやってきたということができるでしょう。

お医者様から処方された薬が体に合わない経験をしたことや、副作用が強くでてしまった経験をしたことがある方もいらっしゃると思います。実は、薬に対する反応の仕方も、遺伝子によって違いが生じていると考えられています。そのため医療の現場では、個人のゲノムを解読することにより、薬の効果や副作用の出やすさやを予測し、個人に合った薬の処方の仕方や治療方法を提案する新しい医療、テーラーメイド医療の研究が行われています。このように個々人に合った治療を行う個別化医療の実現にも、遺伝子検査は重要視されています。

医療以外にも、遺伝子を用いた技術は私たちの日常生活に溶け込んでいます。近頃アメリカでは、食品へのDNAバーコードの貼付が進んでいます。例えば、ヨーグルトやチーズに貼付されたDNAバーコードを解析すれば、どの種の牛から作られたものなのかが判明します。これは、食品の偽装表示の抑止力になることが期待されています。 他にも遺伝子は、出会いの方法までも変えています。スイスでは、男女の出会いマッチングサービスに遺伝子検査が取り入れられており、遺伝子レベルで相性の良い相手を紹介しています。

一覧へ戻る

  • 3/4

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK