Cover 2651904068 17e189d741 z 2
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Lin Mei, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

遺伝子検査であなたの筋肉タイプがわかる?

2017/01/23

 遺伝子検査で予想が出来る筋肉タイプに、「速筋型」と「遅筋型」というものがあります。 人によって体の中についている筋繊維の割合が生まれながらに違っているというものになります。ここでは、その速筋と遅筋についてご紹介します。

速筋とは?

 学校の理科室などにおいてある人体模型を覚えていますか?筋肉の部分をよく見ると、赤いところと白いところに分けられていますよね?速筋は、その中で白いところに該当します。
別名「白筋(はっきん)」ともいわれる速筋は、「瞬間的に大きな力を引き出す」ときに使われます。瞬間的に大きな力を使うので長時間力を発揮できず、陸上競技でいえばマラソンよりも短距離に例えられるでしょう。

遅筋とは?

 別名「赤筋(せっきん)」と呼ばれる遅筋は、長時間にわたり力を維持するときに使われます。遅筋は、人体模型の筋肉の赤い部分に該当します。
 遅筋は有酸素運動を行うことで鍛えられ、脂肪燃焼効果が高くなります。

速筋と遅筋の発達具合は人によって違う?

Figure fitness 863081 640 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。

 速筋と遅筋の割合がみんな同じだと思ったら大間違い。
 人はそれぞれ速筋と遅筋の割合が異なります。これにはトレーニングによる環境要因の他に遺伝子が影響していて、人はうまれながらにして速筋がつきやすいタイプ、遅筋がつきやすいタイプ、もしくはその両方がバランスよくつくかに分かれていると考えられています。

速筋が多いタイプの人に向いているスポーツとは?

 野球や重量挙げ、柔道、短距離走など瞬間的に筋肉を使うスポーツに向いているタイプです。比較的疲れやすい方が多いのが特徴です。

遅筋が多いタイプの人に向いているスポーツとは?

 小さなパワーを長時間発揮できる中長距離のマラソンや水泳、サイクリングなどのスポーツが向いています。

速筋・遅筋の鍛え方

Figure 3091819428 655b1d0077 o 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Sherif Salama, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般

 努力したら生まれ持った体質も乗り越えられるもの!
速筋が発達している人は普段から有酸素運動を身に付けて遅筋を鍛えることを心がけ、逆に遅筋が発達している人は筋トレを通じて速筋を鍛えることができます。

速筋、遅筋に関わる遺伝子とは?

 速筋、遅筋に関わっている遺伝子はACTN3と呼ばれる遺伝子で、速筋繊維を形成するACTN3たんぱく質の生産をします。この遺伝子のタイプにより速筋の発達の傾向がわかるります。

まとめ

 生まれ持った筋肉のタイプを調べることは、どのスポーツに向いているかの参考になるだけではなく、筋肉の遺伝的な傾向を知って弱いところを鍛えるのにも役立ちます。
日本ではランニングブームでマラソン人口も増えていますが、マラソンを始めようとしたけどまったく向いていないという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか?
無理はせずに、最初は30分程度のランニングから徐々に遅筋を鍛えていくことで目標にも近づいていけますよ!
ご自身がどちらの筋肉のタイプなのかは遺伝子検査で調べることができます。

◆速筋・遅筋もわかるGeneLife Genesis: https://sales.genelife.jp/product/genesis
◆自己分析と遺伝子検査で才能発見:   https://sales.genelife.jp/product/myself

2017年1月29日まで皇居ランステーションのJOGLIS(ジョグリス)でブース展示をしています。 ぜひ皇居ランにご興味のある方はお立ち寄りください!
URL:http://www.joglis.jp/


参考文献
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=15221860

この記事に関連するタグ

速筋 遅筋 スポーツ
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK