Cover 640px taikodrummersaichijapan 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Chris 73, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植
CLIP

日本人と縄文人の関係が核DNAで初解読

2016/09/21

突然ですが、「縄文土器、弥生土器、どっちが好き?どっちもドキ」という歌詞の曲をご存知でしょうか? この曲はレキシの「狩りから稲作へ」という曲で、男女の恋愛模様を描いています。ドングリを拾いながらブラブラ移動する縄文式生活をしていた主人公が、恋をして定着して穏やかに過ごす弥生式生活をするという変わったラブソングです。 マニアックな歌ですが気になる方はこちらでチェックしてみてください。

URL:http://rekishi-ikechan.com/free/movie/list2.php

この歌では縄文時代から弥生時代の日本の歴史が表現されていて、日本人のルーツに関して興味を惹かれる方もいるのではないでしょうか。

今回の記事は、縄文人の核DNAを解読した研究結果に関する内容です。

現代日本人と縄文人

国立遺伝学研究所の斉藤成也教授らのグループは縄文時代の痕跡や縄文人の歯から細胞の核DNAを取り出しました。 核DNAはミトコンドリアDNAと違って、遺伝情報量が多くより詳しく分析することができます。 核DNAを調べた結果、現代の日本人は縄文人の遺伝子を約12%受け継いでいることが分かりました。さらに、東アジアや東南アジアに住んでいる人々よりも早く枝分かれした可能性がある事が分かり、縄文人のルーツを考える手がかりとなりそうです。

縄文人と弥生人との違いは?

ここでは一般論として、縄文人と弥生人の違いを見ていきます。 日本のルーツは縄文文化と呼ばれる文化を持っていた集団の縄文人と、大陸からの渡来人である弥生人に大きく分かれます。 縄文時代は旧石器時代後の約16,000~3,000年前から日本に分布していて、弥生時代はそのあとである3,000~1,700年前ほどから始まったと知られています。 縄文人は先住民として、弥生人は大陸などから渡って来た渡来人として扱われ、縄文人と弥生人が混血して現代の日本人になったという学説が一般的でした。 今回の研究結果では、それが裏付けられるものになりそうです。

ミトコンドリアDNAを解析 

一体縄文人はどこから来たのか。そして、現代の日本人は縄文人のDNAが受け継がれているのか。この謎を調べるために、1980年代から縄文人のミトコンドリアDNA解析が行われてきました。ミトコンドリアDNAとは母方からしか遺伝されない、ミトコンドリアという細胞の中に存在する組織に格納されています。しかし、ミトコンドリアDNAだけで調べられる遺伝情報は限られているということで、今回核ゲノム解析で縄文人のルーツに迫っていったという大変興味深い研究です。

今回の結果では、縄文人は特に北海道のアイヌや沖縄県の琉球人にも近いことが判明さたようです。 今までの様々な学説が裏付けられ、今後は日本人のルーツがより鮮明になってくることが期待できそうです。

参考文献

http://www.soken.ac.jp/news/30232/


この記事に関連するタグ

先祖 弥生 縄文 日本のルーツ
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK