Cover 616px m18 claymore mine 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

地雷を探知するネズミが誕生!ニオイで嗅ぎ分けるという研究

2016/08/03

空港で犬が爆発物や危険物などを探知しているというお話は良く聞きますが、今回は「ネズミ」のお話です。

地雷の被害

地雷は、人を殺すことよりも負傷させることを目的として作られた兵器です。約79ヵ国に4500~5000万個の地雷が埋められているといわれています。人や車両の接触により爆発するため、無差別的に被害を起こします。地雷の制作は一個3ドルほどと安いため、様々な戦争に使用されています。地雷の被害は徐々に減りつつありますが、まだカンボジアなどでは年間1000人もの被害者が出ているようです。

地雷の処理

制作費用は安価な地雷ですが、その処理のためには100倍以上のコストがかかるといわれています。処理で使用される主な方法は、人力作業。日本などの国では、地雷の処理をするロボットの開発も進んでいるということですが、ある研究では動物を使い地雷を処理する方法を開発中です。

遺伝子操作されたネズミ

アメリカのニューヨーク市立大学の研究チームは、ネズミを使った実験をしています。この実験では、特定の臭いを検出できるようネズミの関連遺伝子を操作したのです。ネズミは犬のように敏感な嗅覚を持ち、さらに体重も軽いので地雷に乗った時にも爆発しにくいという特徴を持っているのです。ここで遺伝子を修正しより匂いに敏感にさせたスーパーラットを誕生させたのです。

遺伝子操作の潜在的な危険やまだ検証されていない事実(なにが検証されていないか追記して欲しいです)等懸念の声もありましたが、地雷の被害で苦しんでいる人たちには朗報ですね!今後の研究に期待してみます。

参考文献

http://www.mirror.co.uk/news/weird-news/super-rats-being-genetically-modified-8373497
http://www.jirai.org/issue/numeric/

この記事に関連するタグ

臭い 遺伝子操作 地雷 爆発物 嗅覚 敏感
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK