Cover pexels photo 27118 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

ついに登場?!若返りの薬が人体実験に使われる?!

2016/07/01

人類がずっと夢見てきた若返りが「ある成分」で実現する可能性があるようです。

「NMN」という物質

NMNは、ニコチンアミド・モノヌクレオチドという物質の略称です。すでにマウスの実験で、寿命が延びたことが分かっています。アメリカ、ワシントン大学と慶應大学の共同研究では、この成分がサーチュイン遺伝子(長寿遺伝子、この遺伝子の活性化により生物の寿命が延びると知られている)を活性化させることが分かりました。加齢と共に減少するサーチュイン遺伝子ですが、NMNがその遺伝子を活性化させ老化の速度を弱めるということです。

同研究で行ったマウスの実験では、寿命が約16%伸びたほか、糖尿病のマウスでは血糖値が正常になるといった結果が報告されました。まだ、人間にも同じ効果が得られるのかは不明ですが、もし実証された場合、アンチエイジング業界に大きな影響を与えると考えられています。

参考文献

http://www.cell.com/cell-metabolism/abstract/S1550-4131(11)00346-9?_returnURL=http%3A%2F%2Flinkinghub.elsevier.com%2Fretrieve%2Fpii%2FS1550413111003469%3Fshowall%3Dtrue

この記事に関連するタグ

老化 若返り 寿命遺伝子 サーチュイン遺伝子 NMN
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK