Cover heart care 1040227 640  1  1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

加齢と共に気になる!動脈硬化に効果的な食材4選

2016/04/07

偏った食習慣や運動不足、ストレスなど、様々な要因が動脈硬化の原因になる可能性があります。動脈硬化はいずれは心臓発作や死亡にも至る深刻な病気です。野菜を中心 とした食習慣が重要だと言われますが、今回は4つの食材をお勧めいたします。

ザクロ

Figure pomegranate open 196800 640 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。

マウスの実験では、ザクロはアテローム性動脈硬化を改善する効果がある事が分かりました。さらに、人間の実験では動脈の損傷が減少していたことが分かりました。また、ザクロジュースを3年間飲み続けた結果、頸動脈が狭くなることを防ぐ効果があったようです。

ニンニク

Figure garlic 1144921 640 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。

ニンニクは血圧、コレステロールを下げる効果があります。また、ニンニクは抗酸化作用をもち、動脈硬化の予防に働きます。

ベルガモット

Figure bergamot 354152 640 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。

身近な名前ではないですが、柑橘類の一つであるベルガモット(ベルガモットの香りを着香したのがアールグレイです)も抗酸化物質を多く含んでいます。頸動脈が狭くなっている患者を対象にした研究ではベルガモットが含まれているサプリメントを摂取した結果、6か月後状態が改善したことを確認できました。

緑茶 

Figure 7111920893 02533ef152 z 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to wildbindi, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 改変禁止 2.0 一般

緑茶には生理活性化物質(カテキンもその一つです)が多く含まれています。生理活性化物質は炎症の予防やコレステロール数値を下げる効果があります。ある研究によると、緑茶を飲めば飲むほど、心臓疾患のリスクが低くなるこという報告があります。

遺伝子の影響もある

動脈硬化度、心筋梗塞等多くの動脈硬化が遺伝子が影響している可能性もあると言われています。遺伝子レベルで自分をちゃんと知ってからの対策も重要ですね! 

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26869811
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26764322
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23528829
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15158307
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26779019
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25574146

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK