新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover restaurant red beans coffee 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

毎日飲むそのコーヒー、あなたの体にあっているのか調べられる?

2016/02/20

春の季節が近づいています。冬でも食後は眠くなりますが、春の季節だとカフェイン摂取なしでは耐えられなくなりますよね。毎日少なくてもコーヒー1杯以上飲まなきゃいけないというあなた。カフェインの代謝は人により異なることをご存知でしょうか?

人によって異なるカフェインの代謝

カフェインはコーヒーや紅茶に多く含まれています。主な作用としては眠気を覚ましてくれる「覚醒作用」と痛みを鎮めてくれる「鎮痛作用」があります。他にも、カフェイン自体が基礎代謝を高め、脂肪燃焼を促進してくれるとも言われています。また、利尿作用もあり膀胱炎の予防に効果があります。この様に様々な機能を持っているカフェインは人によりその代謝が異なるらしく、その原因の一つとしてAHR遺伝子が影響を与えているようです。 AHR遺伝子とは、細胞内型の化合物受容体であり、刺激を受け様々な情報伝達を行う重要な役割を行います。この遺伝子の特定の遺伝子型を持っている人はカフェインの血中濃度が高くなることが報告されています。

この遺伝子はキナ酸にも影響を与えるらしい

キナ酸はクランベリー、グレープフルーツ、コーヒーの種子に含まれている、カフェインと同じくアルカロイド化合物の代謝産物の1つです。AHR遺伝子の特定な遺伝子を持っている人は、キナ酸の血中濃度も高くなることが報告されています。

カフェインの過剰摂取は乳房の疾患や前立腺障害などに発達する可能性もあると言われています。遺伝的な体質をちゃんと調べ食事の調節を行うことも大切ですね。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21886157

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK