Cover 6480297645 f71f3bd4f5 z 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Vic, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

朝型の人は遺伝子から違った

2016/02/04

アメリカの遺伝子検査会社のある研究で、15か所の遺伝子領域が「朝型の人」と関係があると報告されました。

遺伝子検査で収集されたデータを利用 

これまでの研究は、マウスやショウジョウバエを使った実験で、約80個の遺伝子が「朝型」か「夜型」の生活リズムに影響を与えると判明していました。今回は実際の「人のゲノム」データで研究が行われました。

アメリカの民間遺伝子検査企業である、23AndMeの研究チームは、約9万人のユーザーのデータ(研究同意を得た上)に基づき分析を行いました。データの収集方法は、「朝型」か「夜型」かをアンケートで答えてもらい、該当するゲノム解析を行います。しかし、この方法には、以下の限界点があると言われています。

  1. アンケートに間違えて答えた、もしくは答えを押し間違えた場合
  2. 地理的要素を考慮していない
  3. 朝の定義が明確ではない

この様な限界点は有りますが、同研究チームは今回の研究で明らかになった遺伝子の領域と生活リズムの相関性は強いと示しています。

イギリスのデータとも

同研究チームはイギリスのUKBiobankとのコラボも考えているようです。UKBiobankとは、より正確な診断・予防や治療のために開始された、大規模な医療リサーチプロジェクトです。イギリスの研究チームとコラボすることで、より精度が高い研究結果を期待されます。

参考文献
http://www.nature.com/ncomms/2016/160202/ncomms10448/full/ncomms10448.html

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

遺伝子検査 朝型 夜型 UKBiobank 生活リズム
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK