新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover 7589898380 dc0eb9a4f3 b 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to www.GlynLowe.com, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

喜多嶋舞もキム・ヒョンジュンも!芸能人が続々とDNA鑑定!果たして100%信頼できるのか。

2015/12/15

先月、女優の喜多嶋舞(43)さんと元夫の大沢樹生(46)さんの長男の「親子関係不存在確認」における裁判で、東京家裁は19日、親子関係はないとの判決を下しました。DNA型鑑定の結果を踏まえた判決でしたが、喜多嶋舞さんはDNA鑑定の結果が真実ではないと主張しています。韓国でも、アイドルのキム・ヒョンジュンさんが、元恋人との子供が実子であるかに関して裁判を行っています。果たして、喜多嶋舞さんが主張しているDNA鑑定の結果が真実ではないということはあり得るのでしょうか?

フィクションのようなことが現実に!キメリズムの存在 

もし、自分以外の他人のDNAを持っているとしたら?その場合、DNA鑑定の精度は低くなります。以前の記事でもご紹介しましたが、1つの体に2つ以上のDNAを持つ生物を「キメラ」と呼び、この現象を「キメリズム」と呼びます。一体なぜ、このような現象が起きるのでしょうか?その理由は3つ考えられます。一つ目は臓器移植と幹細胞移植。臓器や幹細胞移植は、ドナーのDNAも一緒に移植されるため、手術を受けた人はキメラになります。二つ目は、出産をした母親に起こるケース。妊娠中、母体内で胎児と免疫細胞を交換する現象が起こる場合があることが分かっています。三つ目は、IVF(試験管内受精)です。IVFの際、一度に何個かの受精卵を移植するため、受精卵同士が融合する場合があるのです。

アメリカである母親に起こった事件

2006年アメリカのABCニュースで話題となったある事件をご紹介します。リディア・フェアーチャイルドさんは離婚の親権問題で、DNA鑑定を要求されました。鑑定の結果、子供の父親のDNAは問題なかったのですが、、、事件は母親に起こりました。彼女のDNAが、子供のDNAとマッチしないことが判明したのです。ですが彼女の場合は、運が良かったのでしょう。担当弁護士が「キメラ」の存在を知っていたため、その後の調査の結果、彼女の皮膚と子宮内のDNAが異なっていることが発見されました。子宮の細胞は、彼女がまだ受精卵の段階で双子の兄弟の細胞を受け継いだ可能性があり、彼女自身がキメラであることが判明しました。

親子関係の確認にDNA鑑定が用いられるケースは増えていますが、キメリズムの存在もきちんと考慮するべきかもしれません。

参考文献
http://www.businessinsider.com.au/lydia-fairchild-is-her-own-twin-2014-2
http://www.ahwatukee.com/columns/article_74692d8c-3466-11e5-80ce-cb35e66916c8.html
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3084951/

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK