Cover 3829063385 35fbd4b6c7 b 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Tony Alter, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

肥満のお父さんから肥満遺伝子を持っている子供が生まれる?

2015/12/09

自分の子供を望むお父さん、2世のためにはきちんと健康管理をしておくべきかも知れません。

どうして父親だけ?

コペンハーゲン大学のロメイン・バレス教授の研究チームは、比較的細い体型の男性13人と肥満体型の男性10人それぞれの精子を調査した結果、食欲調節に関連する遺伝子に差異があることを確認しました。摂取した精子を後天的遺伝学の手法を用いて調査した結果、脳の発達と食欲調節遺伝子のメチル化による差異を発見したのです。後天的遺伝学(エピジェネティクス)とは、DNAの配列変化によらない、遺伝子発現を制御・伝達するシステムおよびその学術分野を指します。すなわち遺伝子の働きは、生まれ持った要素に加えて生活習慣や環境要因の影響を受けて変化することが分かってきており(DNAのメチル化)、それを調べる学術分野です。研究チームは体重減少を目的に、胃の切除を行った男性の精子も調べたところ、手術前後でDNAの構造に変化が生じていたようです。この研究結果は、男性の現在の健康状態が精子に影響を与えることを示唆しています。

今後このDNA構造の差異がどのような機能を持つのかを調査する予定です。妊娠中の女性がタバコやお酒を避けるなどの健康管理をするように、男性も健康管理が必要ということですね。

参考文献
http://www.cell.com/pb-assets/journals/research/cell-metabolism/on/cmet1935_r.pdf

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK