Cover 1c87918c7bdb94310d6e31dc2deeec99 s 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

私達の大好きな鮭がついに!??

2015/11/25

私達日本人の食卓に最も馴染みのある魚と言えば、鮭ではないでしょうか。朝ごはんの定番であることはもちろん、おにぎりやお茶漬けなどでも欠かせませんね。最近では、ノルウェーなど外国産の鮭がたくさん入ってきていますが、アメリカのFDA(食品医薬品局)からの発表によれば、食用の動物として初めて遺伝子組み換えを行った鮭が承認されたようです。

鮭と日本人の歴史

鮭漁の歴史は、古代にまで遡ります。秋田県南部にある子吉川の中流域にある矢島町には、鮭漁に使われたと思われる石器や土器が多数発見されています。また平安時代には、鮭は年貢として納められており、租税として扱われていたことも書物から分かっています。江戸時代になると、鮭の漁場は本州の日本海岸や銚子(千葉県)以北の太平洋岸の河川が主要漁場となり、蝦夷地(現北海道)産の鮭は、干鮭や塩漬けしたものが出回るようになりました。この時代は塩漬けした鮭が貴重品で、特産品として他国へも輸出されていたようです。

遺伝子組み換え鮭

アメリカのFDAは、食用動物として初めて販売を認可した遺伝子組み換え鮭は、通常よりも2倍速度で成長するそうです。今回認可された鮭はアメリカ東部マサチューセツ州の企業が開発したもので、鮭に別の種類の魚の遺伝子を導入することで成長ホルモンの分泌を活発にさせたようです。FDAの発表によれば、様々なデータをもとに審査し、食用として安全かつ栄養的にも問題ないとの結論に至ったようです。また、この遺伝子組み換えの鮭はアメリカ国内での養殖は認めず、現在施設があるカナダとパナマでのみの養殖に限定しているようです。

私達の食卓に遺伝子組み換え鮭が登場する日は来るのでしょうか?環境問題や健康問題など、様々な観点から賛否両論別れるこのニュースあなたはどう思いますか?

参考文献
https://www.maruha-nichiro.co.jp/salmon/fishery/01.html
http://www.fda.gov/
https://aquabounty.com/media/press-releases/

この記事に関連するタグ

食物 遺伝子 遺伝子組み換え サーモン

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK