新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover book essentialism best seller 2x 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

「最小の時間で成果を最大にする」エッセンシャル思考を持つかどうかは遺伝子で決まる?

2015/11/16

仕事にプライベートに、1日24時間という限られた時間を有効活用できるかどうかは、生き方を決める重要な問題です。そんな悩みの一助となる「エッセンシャル思考」という本はご存知でしょうか。2014年に全米ベストセラーとなったビジネス書です。

99%の無駄を捨て、1%に集中する方法

この本で繰り返し述べられていることは、自分にとって重要な事柄を見極め、それ以外は計画的にそぎ落とすという考え方です。時間とエネルギーを効果的に配分し、「より少なく、しかしより良く」を追求することで最高のパフォーマンスが発揮できるというメッセージが一貫して散りばめられています。このエッセンシャル思考を実現するには、常に自分の本質目標を見極め、それ以外は「切り捨てる」「トレードする」「断る」必要があるとか。つまり、「判断力」「決断力」が鍵となるようです。

「決断力」に関わる遺伝子って?

男性ホルモンの一種である「テストステロン」は社会的ホルモンと呼ばれ、決断力や判断力を高めると言われています。また、筋肉の増大、骨格(特に肩幅、胸郭)の発達にも関与しています。ロンドンの金融街で働くトレーダーを対象にした研究では、優秀な成績を上げているトレーダーの多くはテストステロンのレベルが高いことが分かっているようです。さらに最近の研究では、テストステロンの血中濃度はいくつかの遺伝子と関連性があり、その遺伝子型による影響を受けていることが分かっています。 GeneLife Genesisでは血中のテストステロン濃度と活性が高いジヒドロテストステロン濃度に関する遺伝的傾向を遺伝子からお調べしており、例えば細胞分裂時に細胞の形状を維持する役割を持つための重要な役割を持つREEP3という遺伝子は、そのタイプによって血中のテストステロン濃度が減少する傾向があることが分かっています。

最高のパフォーマンスを上げるために、自分の血中テストステロン濃度の傾向を知りたい方は、GeneLife Genesisをおススメします。

参考文献
http://www.pnas.org/content/105/16/6167.full
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22936694

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK