Cover 1786317b24e36900fbaee80ed11e434d m 2
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

がん予防にコーヒーはいかが!?

2015/11/06

なんとコーヒーには、口腔がんを予防する効果を持つ可能性が明らかとなりました。

研究データを解析した結果分かったこと

中国医科大学の研究チームは、コーヒーの消費量と口腔がんの関連性を187万人分のデータを用いて調査しました。その結果、1日にコーヒーを4杯以上飲むグループは飲まないグループと比較して、危険性が約30%も低下したことが確認されたようです。 また、コーヒーはカフェイン入りのものでのみ有効のようで、カフェインレスのコーヒーでは変化が確認されませんでした。

コーヒーを良く飲むかどうかは遺伝子が関係している?

今年の5月に発表された研究によると、コーヒーをよく飲むかどうかは、8つの遺伝子と関連性があるようです。研究チームは、欧州系のアメリカ人約3万人とアフリカ系アメリカ人の約8千人を対象に遺伝子の解析と1日当たりのコーヒーの摂取量を調査しました。 その結果、8つの遺伝子の変異のタイプがコーヒーの摂取量に関わっており、1つの遺伝子変異が該当する毎に、コーヒーを飲む量が1日当たりおよそ0.03-0.14杯増えることが分かったそうです。つまり、8つの遺伝子の変異が全て当てはまる人は、全て変異がない人よりも、1杯以上コーヒーを飲む量が異なることがあるようですね。

カフェインの摂取傾向や代謝傾向は、GeneLife Genesisでお調べします。

気になる方は検査をおススメします。

参考文献
http://www.nature.com/mp/journal/v20/n5/full/mp2014107a.html
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4565385/

この記事に関連するタグ

コーヒー がん 遺伝子 口腔がん

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK