Cover 496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

歯の再生医療が可能になる!?遺伝子と歯の関係性

2015/11/02

私達の身体には、自然治癒力という素晴らしい能力が備わっています。この自然治癒力のおかげで私達は、風邪を引いたり胃腸炎にかかっても、薬に頼らず回復をすることが出来たりします。しかし、この自然治癒が効かないのが「歯」。虫歯や歯周病といった歯の病気は、病院に行って適切な処置を受けない限りほぼ治りません。虫歯や歯周病のなりやすさも、少なからず遺伝子が関係していると言われていますが、なんとアメリカのジョージア工科大学研究チームの発表によれば、将来的に遺伝子治療によって健康な歯を取り戻すことが可能となるかもしれません。

歯が生え変わる魚がいるらしい

研究チームは、アフリカのマウライ湖に住む「カワスズメ」という魚に注目しました。カワスズメには、歯の生え変わりを繰り返すという特徴があります。カワスズメの中で歯が抜けた場合でもすぐに新しい歯が作られる種類と、そもそも歯を必要としない種類のカワスズメを掛け合わせることで新種のカワスズメを作り出し成長していく過程の遺伝子を分析しました。その結果、味蕾という食物の味を感知する味覚器官の成長に関わる遺伝子が、歯の成長も促進させていることが判明したようです。

今後この遺伝子を活用することで、失われた歯を取り戻す技術が生まれるかもしれません。 歯の再生医療が可能となる未来はやってくるのでしょうか。今後に期待したいですね!

参考文献
http://www.pnas.org/content/early/2015/10/15/1514298112.full.pdf
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Coevolutionary+patterning+of+teeth+and+taste+buds

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK