抜け毛が気になる季節。育毛におススメの食材をコンビニ で見つけてみた!② ~たんぱく質編~

2015/10/16

だんだんと寒くなってきて、なんだか頭皮もスース―するなんてあなた。それもそのはず。秋は、一般的に1年の中でも抜け毛が多くなる季節と言われています。夏の強い日差しや汗、皮脂のつまりで、ダメージを受けた髪の毛が抜け毛となって表れるのです。抜けてしまった毛を取り戻すことは出来ないので、発毛を促していきたいですね。前回は細胞分裂に重要な葉酸とビタミンB12をご紹介しました。今日は、髪を形成する主成分となるたんぱく質をご紹介します。手軽に買えるコンビニを味方につけていきましょう!(※コンビニ各社にて独自調査)

第1回はこちら⇒http://ge-no.com/articles/582

髪を形成する主成分~たんぱく質~

たんぱく質は髪の毛の主成分であり、髪の毛のためにもっとも大切な栄養素のひとつです。 髪の毛はケラチンというたんぱく質でできています。ケラチンは、髪だけでなく爪や皮膚の角質層を形成する成分で、18種類ものアミノ酸からできています。アミノ酸には体内で合成することができないもの(必須アミノ酸)もあるため、食事からバランスよくしっかりと摂取することが大切です。たんぱく質はアミノ酸が複雑に結合した物質で、肉類、魚介類、卵、乳製品、豆類などに多く含まれますが、実は野菜や穀物などにも含まれていて、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質に大別されます。 一般的に肉、魚、卵などの動物性たんぱく質には、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。 穀物や野菜などに含まれる植物性たんぱく質は組み合わせて摂ることでアミノ酸のバランスを整えられますので、いろいろな食品を組み合わせて食べましょう。では、たんぱく質が豊富に含まれる食品を見て行きましょう。

たんぱく質が多い食品リスト

Figure

  • 手巻き寿司 具たっぷり納豆巻(セブンイレブン) 121円(130円) 

Figure

  • 味付き半熟ゆでたまご 1個入り(セブンイレブン)  68円(税込73円)

Figure

  • oikos オイコス(ダノン)  オープン価格

Figure

次回は、たんぱく質を髪の毛に変える働きをもつ栄養素「亜鉛」についてご紹介します。

この記事に関連するタグ

食事 遺伝子 栄養 脱毛 AGA 抜け毛 コンビニ
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK