Cover 1024px black sea fauna seahorse 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Florin DUMITRESCU, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植
CLIP

オスがメスの代わりに妊娠して出産もする生き物が存在する?

2015/09/19

ありえないと思いますが、実はタツノオトシゴのオスは妊娠をして、出産もします。しかも、哺乳類の妊娠と共通点が多いということです。

謎の生物、タツノオトシゴ

英語で「Sea Horse、海の馬」ともいわれるように、頭の形が馬とそっくりのタツノオトシゴ。こう見えてもヒレやエラがある立派なお魚です。 独特な外見のように彼らの交配も独特です。妊娠する方はなんとオス。タツノオトシゴのオスはメスの「子宮」のようなものをおなかに持っています。これは「育児嚢(いくじのう)」と呼ばれ、カンガルーが赤ちゃんを運ぶおなかの袋のようなもので、メスがここに卵を産み落とします。卵を受け取ったオスは、受け取った卵に受精をさせちゃんと成長するまで保護する役割を果たします。稚魚になると、オスは腹筋を使って出産します。メスと同じように、オスの出産も時々危険な状況があり、彼らも命がけで産んでいます。

パパのお腹の中では何が起きている? 

今までは妊娠しているタツノオトシゴのオスの育児嚢に何が起きているかあまり知られていませんでした。そこで、国際研究チームは妊娠していないオスとしているオスの育児嚢内での遺伝子活動を比較、調査してみたのです。 タツノオトシゴのオスはただ卵の保管だけするのではなく、他の哺乳類の普通の妊娠―出産過程で同じく必要とするDNAが関わっていることが分かりました。お母さんからおなかの赤ちゃんに栄養素が行くように、脂肪やカルシウムなどもタツノオトシゴのオスから胎芽に伝達することも発見されました。また免疫関連遺伝子の発現が多いため、育児嚢内に炎症が発生することを予防することも分かりました。

メスの代わりに妊娠・出産をしてくれるタツノオトシゴは奇妙な印象がありますが、オスの愛情深い子育てがあるということですね。見習うべきです! 

参考文献

http://www.livescience.com/52107-male-seahorses-act-like-pregnant-mammals.html

この記事に関連するタグ

妊娠 動物 出産 タツノオトシゴ オス メス
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK