Cover alcohol 492871 1280
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

飲みすぎ注意!肝臓だけを労わってる場合じゃない!

2015/07/30

「趣味は飲酒。でも、ウコンを飲んだりオルニチンを飲んだり、ちゃんと肝臓を労わっているから大丈夫!」そんなあなた、大腸がんも労わってください。

日本人に急増している大腸がん

近年、日本人の大腸がんの罹患率は急速に増加し続けています。「がんの統計2005」(財団法人がん研究振興財団)によれば、2020年には、男女合わせた日本人のがん罹患者数および罹患率は、胃がん、肺がんを抜いて1位になるとも言われているようです。 急上昇している要因として、動物性たんぱく質、動物性脂肪の摂取量の増加、飲酒量の増加などの食習慣の変化、喫煙などの生活習慣の変化が考えられているようです。独立行政法人国立がん研究センターの発表によると、飲酒と葉酸代謝が、大腸がんの発症リスクに関与していることが明らかとなったようです。

細胞の合成に重要な栄養素、葉酸

葉酸は、身体の細胞が作られるときに、なくてはならない栄養素です。近年の研究で、体内でDNAのメチル化がきちんと行われないと大腸がんの発症リスクが高まることが分かっており、このDNAのメチル化には葉酸の代謝が重要な役割を果たしています。しかし、アルコールを摂取すると、葉酸の腸吸収を阻害したり、腎排泄を促進したりする作用があるため、体内の葉酸レベルが低下してしまうというのです。

葉酸代謝に関わる遺伝子MTHFR

葉酸の代謝は、実は遺伝子のタイプによって人それぞれ異なります。 MTHFRという遺伝子は、葉酸の代謝に関わり、この遺伝子が、CC型の人は通常の食生活を送る限り、葉酸不足になりにくいタイプですが、CT型の人は、葉酸が若干不足しやすいタイプ、TT型の人は通常の食生活を送っていても葉酸が不足しやすいタイプですあることが分かっています。なんと日本人は、およそ50%の人がCT型、15%の人がTT型と言われ、通常に食事をとっているだけでは不足している場合があるのです。

日常的に飲酒の習慣がある人は、肝臓を労わるだけでなく、葉酸摂取を意識して大腸も労わったほうが良いかもしれません!葉酸は、ほうれん草、枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリー、茶葉などに多く含まれることが知られています。今夜の酒の肴は、野菜にしましょう。

自分のMTHFR遺伝子が気になる方は、GeneLife Genesisをおススメします。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19124508?dopt=Abstract
http://epi.ncc.go.jp/mstudy/491/876.html

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK