Cover 1024px sea kayaking zamami okinawa 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Roger Braunstein, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

暑い夏に注意を!知っておくべき体質傾向とは?

2015/07/27

30℃度を超える日々が続く、本格的な夏が来ました。全てが溶けるような暑さは、高齢者や外の仕事が多い方には熱中症や脱水などの恐れがあります。また、暖かく湿気がある気候は細菌が最も増殖しやすく、食中毒の危険などもあります。その他、夏は気を付けるべき事が多い季節です。

暑いから脱ぎたい、露出の季節。肥満注意報!

Figure 2780488062 17028d2f69 o 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to li yong, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 一般

冬は分厚いコートの中に隠れていられたけど、夏の薄い服ではもう隠れていられません。ちょっとぴったり目のワンピースを着ると、無駄についているお肉が紐で縛られたハムのようにでこぼこ出てきます。短パンをはくと容赦なく足のセルライトも露出されます。暑い夏、冷たい水で泳ぐのは最高ですね。ですが、やはりそのためには露出は必須です。露出の季節である夏、自分自身の生まれ持った体質を早期に調べ、普段の生活習慣をそれに合わせると、夏が来て慌ててスパルタダイエットをする必要がなくなるかも知れません。人は遺伝子により「太る理由」が異なります。大きくわけて、糖質で太るりんご型、脂質で太る洋なし型、タンパク質が不足しやすいバナナ型に分けられます。特に、洋なし型の方は冷えやすい体質なので冷たいものの食べ過ぎに注意してください!アイスクリームや冷やし中華ばかり食べていたら、体が冷えることにより、さらに体が脂肪を蓄えようとするので要注意です!

強烈な紫外線に注意!

Figure sunscreen on back under normal and uv light 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。

梅雨が過ぎ、雲が一切見えない、紫外線が地球表面に一直線でたどり着く夏です。もちろん適切な量は必要ですが、皮膚がんの主な原因ともなる肌の老化の最大の敵は紫外線です。紫外線はコラーゲンを分解するため肌のハリや弾力を低下させます。肌も遺伝子により人それぞれ弱い部分が異なりますが、MMP1遺伝子の特定な遺伝子型が紫外線による影響が最も大きいと報告されています。UVクリームや日傘をさすなど、きちんと対策をしましょう!

夏イチうざい存在、蚊 

Figure aedes albopictus 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。

夏には暑くて寝られない以外にも、うるさくて寝られない場合もあります。家の中の招かれざる客、蚊がいるからです。蚊は様々なウィルスの媒介となり様々な病気を移します。例えば、マラリアやデング熱などが良く知られています。2014年日本でも流行っていたデング熱の場合、重症化するのはまれですがデング熱ショック症候群は死亡する可能性もあります。SEC11B遺伝子、免疫機能に関わっているMICB遺伝子やPLCE1遺伝子のある遺伝子型はデング熱ショック症候群の発症リスクを高めると報告されています。マラリアの場合にも、重度のマラリアに対する抵抗性があるのかないのかは遺伝子により傾向が異なる報告されています。外出する時は、虫よけスプレーで、家の中では寝る前に彼らの存在をチェックして刺されないように気を付けましょう!

アルコール中毒より日焼け中毒! 

Figure sun bathing 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Pedro Simões, クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般

夏はフェスティバルや祭り、花火大会、バーベキューなどの季節です。わざとする人もいますが、アウトドア活動が多くなることにより日焼けする人も多いです。人は日焼けして火傷したみたいに赤くなるパターンとちょうどいい茶色になるパターンに分かれるのですが、これも遺伝子によりその傾向が決まるようです。他、日焼け依存症、すなわち日焼け中毒に関与しているPTCHD2遺伝子の存在も報告されています。 以上、この暑い夏をどう乗り越えていくか、参考にしてください!

参考文献

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10371603
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=7475854
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11741975
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22001756
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19465909
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22895189
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19340012
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25041255

・吉田俊秀 et.al. β3アドレナリン受容体/UCPファミリーの肥満・糖尿病における役割。 医学のあゆみ vol. 188 No.5 ・朝日道雄 et.al. スーパーオキシドジスムターゼ (SOD) とグルタチオンペルオキシダーゼ (GPx) 医学のあゆみ vol.218 No. 1

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK