Cover white  brown  red   wild rice 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Earth100, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植
CLIP

日本のお米とはまたちょっと違ったお米の遺伝子

2015/07/10

米は小麦粉、トウモロコシと共に世界の三大穀物と言われています。米の種類は多く3つに分けられ、日本・韓国・中国の一部で主に栽培されるジャポニカ種とインディカ種とそのまん中のジャバニカ種があります。同じ米文化でも日本や韓国、中国の一部はこのジャポニカ種を主に、東南アジアやインド、パキスタンなどはジャバニカもしくはインディカ種を主に消費します。日本でも人気のタイ料理で見かける米が日本の米と異なるのもこの理由です。 東アジアで主に食べる米は弾性があり円型で、東南アジアやインド等の米は長くて細い特徴があります。日本でよく食べる米よりは弾性が少ないので、風が吹いたら飛んでいきそうなご飯に仕上がります。中国のある研究では長くて細くなる米の遺伝子を発見したようです。

長くて細く!

人間ではないものも長くて細い事が求められ始めたのでしょうか。中国の研究で、ある遺伝子に変異があると米の形が長くて細くなることが分かりました。さらに、収穫量も増えたようで農家の人たちには朗報となりますね。GL7とGW7と呼ばれる遺伝子で、縦分裂に関与している遺伝子と知られています。 科学者たちは、発見した遺伝子を応用して望ましい特徴を持っている米を生産することを目標にしていると説明しています。

今の米も十分に美味しいと思いますが、より美味しい米が出てくるとダイエットしている人には辛い経験になるかもしれませんね!

参考文献

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=The+OsSPL16-GW7+regulatory+module+determines+grain+shape+and+simultaneously+improves+rice+yield+and+grain+quality
http://www.nature.com/articles/ng.3346.epdf?referrer_access_token=4lL4o7O8fd8iwJmwGpq5d9RgN0jAjWel9jnR3ZoTv0PRN23CFsxpn3xPoGl5u3hlCLedfsXSS4f7kaex0EtCo-vbCQoPSLzwyJatFMqYy70VP5bR3v3ekxFQshkRXoFLLaSzqcNnoQGZsOOuqsR5PQdamCboncfzqy6dwR6IHPKkAgyy7Vp88_YCWLcmqxywnr_IUWR6o7JQCpXNg_CcZQ%3D%3D&tracking_referrer=www.nature.com

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK