新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover kuvmy78s2r 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

手塚治虫が強かった「情報処理速度」に関わる遺伝子とは?

2015/07/08

先日発表された、「手塚治虫遺伝子解析プロジェクト」で明らかになった、遺伝子的に記憶力が高かったという事実。記憶力っていったいどんな遺伝子なのでしょうか?

手塚先生の驚くべき記憶力

手塚治虫先生の作品の多くは、誰かの雑談の内容、気になった写真や絵画の映像記憶など、子供の頃から膨大に蓄積された記憶が基となっているそうです。その記憶力は、他の人と一線を画すものだったようで、出先からの電話で、「本棚の○段目にある本の○ページの絵を参考にして描きなさい」と、まるで本人がその場で確認しているような詳細な支持を、アシスタントに出していたという逸話もあるとのこと。また、音に対する記憶も鮮明で一度聞いた曲をすぐにピアノで弾くことが出来たそうです。

記憶力に関わる遺伝子

GeneLifeが提供する遺伝子検査キットGENESIS及びMyselfでは、記憶力に関わる遺伝子として、WWC1 (KIBRA)遺伝子を調べているようです。この遺伝子の機能は現在も研究中のようですが、この遺伝子のタイプによって記憶力が高いかどうかの傾向を知ることが出来るそうです。

手塚治虫先生が、数多くの作品を残せたのは、記憶力が高かったことも1つの要因かもしれないですね!

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK