新規会員登録で300ポイントプレゼント!
ジーンライフ遺伝子検査キットのご購入はこちら
Cover 1024px kei nishikori at the 2012 summer olympics 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Carine06, クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 一般
CLIP

テニスの選手にある、スポーツ遺伝子の有無?

2015/06/29

29日に開幕する「ウィンブルドン選手権」が近づいています。男子テニスの実力者であるノバク・ジョコビッチ選手が第1シードで、我が国の代表錦織圭選手が第5シードとなりました。開催地のイギリスでは2003年度の優勝者であるアンディー・マレーの二回目の優勝が期待されています。彼はスコットランドのダンブレーン出身で3歳からテニスを始めたのですが、少年時代はサッカーにも才能が有りスコットランドの名門サッカークラブからスカウトもされたとか。彼の兄弟もウィンブルドンのチャンピオンで、母のジョディーもトップテニスコーチでありプロのテニスプレーヤーでした。また、おじいさんもプロのサッカー選手で、スポーツ遺伝子を受け継ぐ張本人なのです。もちろん、才能だけではなく本人の努力や良いトレーニングプログラムで鍛えられたことなどの複合的な要因で頂点まで上り詰めたとは思いますが、やはり一般人との運動神経の違いは大きいと思います。

一つの遺伝子では決まらない、スポーツ遺伝子

2007年、イギリスの研究者が700組の双子を研究した結果、スポーツに対する能力の差は66%遺伝的な影響を受ける事が分かりました。残念ながら、練習や食事管理などの努力を足し合わせても、才能にはかなわないと言うことです。1990年代、初めてACE遺伝子というスポーツパフォーマンスに関する遺伝子が発見されて以来、他にも200個以上の遺伝子がパフォーマンスに影響を与えることが分かりました。おそらく筋肉の構造や酸素を使う能力などに関与していると推測できますが、遺伝子一つ一つの影響はそこまで大きくはないと考えられます。 まだ明らかにはなっていませんが約700個の遺伝子がスポーツの才能と関わっている可能性が有ると知られています。例えば、筋肉を補強するアクチニンタンパク質を作るACTN3遺伝子。この遺伝子のRR,RX型はパワー系競技選手が多いと言われています。ほか、肥満遺伝子としてよく知られているUCP1遺伝子もパフォーマンスに関わっていると知られています。

結論、一つの「スポーツ才能」遺伝子は存在しないのです。自分の子供の遺伝子を調べて、スポーツに向いてないのなら投資はしたくないものの、下手でもやるだけで幸せかも知れませんので、早期に遺伝子だけで決めつけるのは軽率な判断ということですね。

参考文献

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18179392
http://www.sportsci.org/jour/9804/inbrief.html

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK