Cover gay pride 314659 1280 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

ゲイは遺伝か!?双子の研究から分かったこと。

2015/02/26

近年の研究で、ゲイは環境的要因だけではなく、遺伝的要因も関与しているのではないかと言われています。

409組の双子を研究

イリノイ州のノースショア研究所、サンダース教授によると、409組のゲイの二卵性双生児の遺伝子分析を行った結果、「ゲイはゲイとして生まれた」という仮説を支える根拠が見つかったようです。研究チームは、5年間にわたり409組のゲイ二卵性双生児を被験者とし、コードの違いや共有するSNPの分析を行ってきました。被験者たちはゲイであること以外、身長や髪の色等共通する特は見られませんでした。その為、グループ全体で同一のSNPsは、性的指向に最も関係があると検証されています。いくつか共有するSNPsの中でもX染色体と8番染色体が最も共有される領域でした。しかしこの領域には、多くの遺伝子が含まれる為、2つのゲイの遺伝子が発見されたということにはなりません。

今後への期待

今後は、そのメカニズムを解明していく段階に入っていくようです。研究リーダーのサンダー教授は、「どんな結果が出たとしても遺伝子が与える影響は限られており、社会経済地位、家庭環境、文化的・宗教的背景など、環境的要因ももちろん関与している」と述べています。 今回の研究が、差別等といった倫理に関わる問題に悪用されるようなことがあってはなりません。今回の研究結果で最も重要なことは、今までゲイは、「自らの意思で選択した結果」として解釈されていましたが、「遺伝子的な要因」も関与している可能性があるということが公表されたことでしょう。特に、自分が何者なのか、どういう生き方を選択したらいいのかを繰り返し自問してきた人にとっては、答えを見つけるための一つの光となるかもしれません。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Genome-wide+scan+demonstrates+significant+linkage+for+male+sexual+orientation

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

ゲイ 双子 環境 差別 X染色体 8番染色体

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK