Cover thumb diet 398612 1280
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

肥満に悩むあなたへ。また新たな肥満遺伝子が明らかになりました。

2015/05/19

京都大学の研究チームから、また新たな肥満遺伝子が発見されました。 研究チームによると、neudesinという遺伝子が肥満になるかどうかの鍵を握っているようです。

生まれた時からやせ形?

実験では、生まれる前のマウスのneudesin遺伝子を欠損させ、その変化を観察しました。まず、neudesin遺伝子を欠損させた場合でもマウスは正常に誕生しましたが、痩せた状態で生まれてきたようです。また生後、高脂肪食を与えた場合、通常のマウスよりも体重の増加が抑えられ、太りにくい傾向にあることが確認されました。さらに、肥満と併発しやすい糖尿病や脂肪肝も、通常のマウスよりも耐性を持つことが確認されたのです。

エネルギー代謝が高い?

なぜ、肥満にならないのか。研究チームによれば、neudesin遺伝子欠損マウスは通常のマウスよりも体温や消費する酸素量が高く、交感神経系が活性化していたようです。交感神経が活性化するとエネルギー代謝は亢進し、肥満になりにくくなると考えられます。 これらの結果から研究チームは、neudesin遺伝子はエネルギー消費の調整に関わっており、肥満に影響を与えているとの見解を示しています。今回の発見は、新たな肥満薬の開発に繋がるかもしれませんね。 今後の研究に期待したいと思います!

参考文献
http://www.nature.com/srep/2015/150505/srep10049/full/srep10049.html

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

肥満 糖尿病 neudesin遺伝子 脂肪肝
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK