Cover e4bbebcb881e405dffd30a94ff22b85e m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

長生きしたいなら○○○ちゃん!今日から美味しく食べましょう。

2015/12/07

本格的な冬の到来とともに温かい汁物が美味しい季節になりましたね。日本人に最も馴染み深い汁物と言えば味噌汁ですが、どうやら味噌汁の定番具材である′あれ’に、長寿の秘密が隠されているようです。

長寿遺伝子が活性化?

理研ビタミン株式会社の発表によると、味噌汁の定番具材である「わかめ」に寿命延長効果があることが確認されたようです。 研究チームは、実験マウスを2年間4つのグループに分け、それぞれ異なる餌を与えることで体重と遺伝子発現の変化を追跡したようです。遺伝子発現とは、 遺伝情報が細胞の構造や機能に変換され、具体的に特徴として表れることです。 1つ目のグループには通常飼料、2つ目のグループには通常飼料+わかめ、3つ目のグループには高脂肪飼料、4つ目のグループには高脂肪飼料+わかめを与え続けました。その結果、通常飼料でわかめを加えた2つ目のグループに、Sirt1という遺伝子の発現上昇が確認されました。Sirt1遺伝子は、サーチュイン遺伝子と呼ばれ昨今注目を浴びている遺伝子の1つなので耳にしたことがある人もいるかもしれません。Sirt1遺伝子の活性化は、生物の寿命延伸効果を持つことが様々な研究結果から判明しています。更に、ワカメを与えられたグループでは、Sirt1遺伝子の活性だけではなく、コレステロールや脂肪酸の生合成に関わる遺伝子の発現低下、脂肪燃焼に関わる遺伝子の発現上昇が確認されたようです。

エネルギー代謝を改善?

高脂肪飼料にわかめを加えた4つ目のグループでは、脂質代謝関連遺伝子の発現制御を行う転写因子の発現上昇が確認されました。つまりわかめには、長寿遺伝子の発現を高めるだけではなく、エネルギー代謝の改善効果もあることが示唆できるようです。

味噌汁の具材で迷ったときは、わかめの味噌汁を選択すると良いことがあるかもしれませんね!

参考文献
http://www.rikenvitamin.jp/corporate/technology/presentation/20150513.pdf

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

長寿 日本人 食物 わかめ Sirt1遺伝子

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK