Cover 2ffd7b1f3cb63a52f9418ba6bf6ad65a m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

仕事をしないと老化する!?

2015/05/03

仕事をしている時と仕事をしていない時、あなたはどちらにストレスを感じますか? イギリスとフィンランドの共同研究によると、失業期間の長い男性の方が寿命は短い傾向にあるようです。

テロメアの長さに差が生まれた!

1997年に収集したおよそ5,600人、31歳の男女のDNAを分析した結果、失業期間が2年以上の男性は、定職についている男性よりもテロメアの長さが短いことが判明しました。テロメアとは、染色体の末端に存在する保護構造を指し、その構造は6塩基の繰り返し配列が1万塩基ほど連なっています。細胞分裂によりDNAの複製が行われる度に、テロメアの長さは短くなっていき、一定の長さ以下になると細胞分裂が停止してしまう為、テロメアの長さは寿命に関する一つの因子として考えられています。またテロメアは、ストレスや喫煙、食習慣などの環境要因によって左右されることが分かっています。 つまり今回の結果によると、男性は失業のストレスが大きく、体の老化が加速してしまう傾向にあるようです。また女性は、男性ほど影響を受けていないことも分かったようです。

今回の研究結果は、仕事にやりがいを感じているかどうかも関係がありそうですね。

自分のテロメアの長さの傾向が知りたい方は、GeneLife Genesisがおススメです。

参考文献
http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0080094

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

テロメア 老化 喫煙 ストレス 仕事
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK