Cover credit to shawn welling.cc by sa 3.0 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to Shawn Welling.クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植
CLIP

一体どっちが犯人!?一卵性の双子が犯罪を起こしたら!

2015/04/28

双子には、一卵性の場合と二卵性の場合があります。二卵性は同時期に排卵された2つの卵子がそれぞれの精子と出会って受精するので、遺伝子を共有することはなく、性別や身体的特徴、性格などが異なります。それに対し、一卵性は何らかの理由で、1つの受精卵が二つに分かれて生まれた双子です。そのため、一卵性の双子の場合は、遺伝的にはもともと同一人物なので、遺伝情報は100%等しく、外見も似ています。

犯罪現場のDNAが双子の場合は?

DNAは、犯人を特定する際に利用されます。でももし、一卵性の双子の片方が犯罪を起こした場合、どのようにしてDNAから特定するのでしょうか。この問題は、今までDNAプロファイリングの一つの限界点とされてきました。しかしどうやら、イギリスのハダースフィールド大学の研究チームがこの難題をひも解くカギを見つけたようです。そのカギとは、遺伝子の働きを調整する「DNAのメチル化」にありました。「DNAのメチル化」とは、DNA中の塩基の一部に、メチル基という化学構造が付け足される現象です。メチル化が一度起きると、解除されるまではそこにある遺伝子情報が封印されてしまいます。当たり前ですが、一緒に生まれた一卵性の双子も、年を取るごとに共有する環境が変わっていきます。友達や職業、食べるものも違うでしょう。DNAのメチル化は、環境の影響を受けて起こります。環境によるメチル化は、DNAの水素結合の量を決定し、水素結合の量が多い方が、DNAの融解点が高いのです。つまり、一卵性の場合、それぞれのDNAが解ける融解点の差で、誰のDNAであるのかの区別が可能になるようです。 しかし、この方法にはまだ限界があります。もし双子の犯人が若い場合、共有している環境が多く、区別ができるほどの影響がメチル化に現れていない可能性が高いのです。 真犯人が法の審判を受けられるように、今後の研究にも期待していきたいですね!

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Differentiating+between+monozygotic+twins+through+DNA+methylation-specific+high-resolution+melt+curve+analysis

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

犯罪 犯人 DNAのメチル化

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK