Cover credit to jeffreyw cc by 2.0  1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to jeffreyw,クリエイティブ・コモンズ 表示 2.0 一般
CLIP

パンケーキに欠かせないあれが、細菌遺伝子の働きを抑えてくれる?

2015/04/26

ホットケーキやワッフルを食べるときに欠かせない、メープルシロップ!その独特な風味は、カナダ人だけではなく多くの人が魅了されているでしょう。今日は、メープルシロップ好きのあなたに、カナダのマギル大学から朗報が飛び込んできました。

メープルシロップのエキスは抗生効果がある?

メープルシロップはサトウカエデと呼ばれる木から採取した樹液を濃縮したものです。メープルシロップは、主にカナダ南東部からアメリカ北東部で生産されており、カナダのケベック州やオンタリオ州、アメリカのニューイングランド地方は、生産地として特に有名です。メープルシロップはカリウム、カルシウムなどのミネラルが、砂糖やハチミツよりも豊富に含まれる上に低カロリーな点から、日本でも根強い人気を誇っています。 今回、マギル大学の研究により、メープルシロップの魅力がもう一つアップデートされました。なんと、メープルシロップには、ウィルスの中の薬剤耐性に関わる遺伝子の発現を抑制する効果があるようです。ウィルスの遺伝子には、薬剤耐性や病原性の強さに直接関わる遺伝子があることが分かっており、メープルシロップはそれを抑制する働きがあるのです。さらに、メープルシロップのエキスが、病原菌の抗生物質に対する感受性も高めるようです。簡単に言うと、メープルシロップのエキスを抗生剤と一緒に食べた場合、細菌を殺す効果が高くなるのです。抗生剤は、体内の良い細菌まで殺してしまい、下痢や、アレルギー反応を起こすなどの問題点があります。 また、抗生物質の過度な使用は、薬の耐性菌を増加させ、薬の効果が得られなくなるなど課題がある為、医薬品業界にとっても、朗報と言えるでしょう。

生体内実験は、まだ行われていないようなので、人間にも同じ効果があるのかはわからないのですが、メープルシロップが入った甘い抗生剤に期待したいですね。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Polyphenolic+Extract+from+Maple+Syrup+Potentiates+Antibiotic+Susceptibility+and+Reduces+Biofilm+Formation+of+Pathogenic+Bacteria

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK