Cover 1d1940c82953509b50a4e1706e98775d m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

青いトマトで筋力アップを狙いましょう!

2015/04/21

トマトには、美肌効果のあるリコピンやビタミンCが豊富に含まれる点から、女性に人気がある野菜の1つです。しかし、アメリカのアイオワ大学の研究結果を見れば、女性だけでなく男性もトマトが大好きになるかもしれません。

青いトマトを食べるべき?

研究チームは、青いトマトに含まれる「トマチジン」という成分に注目しました。このトマチジンは、筋委縮に関わる遺伝子の発現を改善する効果を持つようです。筋委縮とは、筋肉が痩せることで、転倒や骨折の原因ともなります。実験では、トマチジンをマウスに一定期間与えたところ、筋肉の発達が促され、筋肉量が増加したことが確認されました。また、筋委縮を抑制していただけではなく、脂肪量が減っていることも判明したようです。

筋肉の付き方にも遺伝的特徴がある?

人によって、持久力を必要とするマラソン等のスポーツが得意なタイプと、瞬発力やスピードを求められる短距離走などのスポーツが得意なタイプがいると思います。 このタイプの違いは、ACTN3という遺伝子が関係しています。ACTN3遺伝子は筋肉繊維の一つであり、瞬間的に大きな力を生み出す速筋を形成する機能があるため、この遺伝子のタイプによって、速筋・遅筋の発達傾向を知ることが出来るのです。

自分のACTN3遺伝子の傾向が知りたい方は、GeneLife Genesisをおススメします。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/?term=Systems-Based+Discovery+of+Tomatidine+as+a+Natural+Small+Molecule+Inhibitor+of+Skeletal+Muscle+Atrophy

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

筋肉 食物 ACTN3遺伝子 トマト トマチジン
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK