Cover credit to sylvia duckworth  cc by sa 2.0  1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。Credit to sylvia duckworth ,クリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 2.0 一般
CLIP

スパイダーマンの武器は遺伝子工学で作られていた??

2015/04/20

ビルの谷間を飛び越える「スパイダーマン」そんな彼に欠かせない武器はクモの糸で、走っている車を止めたり、ビルの壁を移動したりと自由自在に使いこなしています。しかし実際のところ、クモの糸はそんなに強いものなのでしょうか。

奇跡の新素材

私たちが着ている洋服のほとんどは、ナイロンやアクリル、ポリエステルという素材で出来ています。これらの素材は、合成樹脂と呼ばれ、石油から作られています。安価で高機能の洋服が作れるという側面をもつ一方、石油がなくなってしまったら、洋服が作れなくなるという、欠点を持っています。それを解決してくれる救世主がクモの糸かもしれません。クモの糸は、スチールワイヤーと同じくらいの強度を持っており、クモの糸の直径が4cmもあれば、飛行機を持ちあげられる程だとも言われています。その汎用性から、衣料品産業への応用を期待されていますが、クモの糸を大量生産することは難しく、なかなか実現してきませんでした。しかし今回、日本のあるベンチャー企業がクモの糸の生産に成功しました。彼らは、遺伝子工学を用いてクモの糸の遺伝子を取り出し人工的に再現、微生物に注入することで、クモの糸を人工的に作り出すことに成功したようです。

世界中で進められるクモの糸の研究

アメリカでは、既に、クモの遺伝子を蚕に導入し、蚕がクモの糸とほぼ同じ性質を持った絹糸を作ることに成功しています。さらに、糸の柔軟性、強度、靱性は、DNAの塩基配列を操作することで、自由自在に変えることが可能なようです。韓国では、約360種のクモから遺伝子情報を集め、新たな素材の開発を進めています。

遺伝子の研究がなければ、自然界に存在する新素材に気づくことも出来なかったでしょう。しかし、遺伝子工学を用いてようやく生産できるようになった人間よりも、ずっと前から私たちの回りの小さな生物たちは、生産し続けているのです。自然の素晴らしさを改めて実感する結果ですね。

参考文献
http://tnewswire.com/27874

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

クモ 遺伝子工学

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK