Cover f1e6abda74c48b8189fe4a1b8fe41880 m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

依存症は、遺伝子が関係している?ネット依存症とニコチン依存症の共通遺伝子が判明

2015/04/08

ネット依存症という言葉をご存知ですか?生活に支障をきたすほどにインターネットに浸ってしまう状態を指すようです。現代ではスマートフォンやタブレット、ノートパソコンの普及とともに、いつでもどこでもネットに繋がる環境にいる人がほとんどだと思いますので、その区分けは難しいですが、ある調査によれば、このネット依存症にかかりやすい人とニコチン依存症にかかりやすい人に共通の遺伝子が見つかったようです。

孤独感やうつ病にも関連性?

ドイツのボン大学研究チームは、843人を対象にネット習慣に関する調査を数年かけて行いました。そのうち132人がインターネット依存症であることが判明したため、彼らの遺伝子解析を行いました。その結果、CHRNA4という遺伝子に変異が見つかったようです。この遺伝子は、ニコチン中毒者も同様の変異をもつことが判明しており、他にもうつ病や孤独感にも影響を与えることが近年の研究で分かっています。

研究チームは、今回の結果から依存症に対する新たな治療法を見つけたいと述べています。 「意志」だけでは解決できない依存症。今後の研究に期待したいですね。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22722381

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

喫煙 ニコチン ネット依存症 CHRNA4遺伝子
Ad genesis

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK