Cover 3af5c7284ec826c657f67f97a7165e9d m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

目指すはポッチャリ系!?太っているほうがハッピーな人生を送れるかもしれません。

2015/04/08

現代は、肥満が問題視されることが多いですが、実は肥満の人の方が幸せな人生を送っているかもしれません。

肥満遺伝子を持っているとうつ病になりにくい?

カナダのマックマスター大学の研究チームは、21か国から取り寄せたおよそ2万件にもおよぶ遺伝子の解析を行いました。その結果、「FTO遺伝子」に変異を持つ人は、うつ病の傾向が低いことが判明したようです。FTO遺伝子とは、肥満に関わる遺伝子で、変異がある場合肥満になりやすい傾向を持ちます。今回の研究では、この遺伝子変異がうつ病のリスクを8%も低下させていることが分かったようです。

最近では、20代女性の痩せすぎが問題となっています。厚生労働省の「2013年国民健康・栄養調査」の発表によると、体格指数(BMI)が18.5未満の「やせ」の割合が、20代女性で21.5%にも及んでいます。タレントやモデルの影響で、「痩せているほうがかわいい」という価値観が浸透していることが問題と言われていますが、痩せることに囚われすぎず、ぽっちゃりくらいのほうが、ハッピーオーラが溢れる可愛い子になれるかもしれませんね。

参考文献
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23164817?report=abstract

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

FTO遺伝子 肥満 BMI

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK