Cover 407a9c50f799bcabfcd7cf4fd1ea83ab m 1
写真は記事のイメージで本文とは直接関係ありません。
CLIP

男女はやはり平等じゃない?(遺伝子的には)女の方が上位な理由

2015/03/19

一般的には、女性は男性よりも身体的能力が低く「弱い」といわれています。しかし、病気などに対する免疫という点においては、女性は男性よりも「強い」と言われることがあるようです。

X染色体に秘密があった?

 女性が男性に比べて感染やがんの抵抗にも強く、「男性専用インフルエンザがある」と大げさに言われていることも、あながち間違っていないように思えます。  「女性は男性に比べて強い免疫システムを持っている」といえる根拠は、性別を決める染色体に秘密があるとのことです。 女性はX染色体を2つ持ち、男性は、X染色体を1つとX染色体より小さいY染色体を1つ持っています。X染色体は免疫システムの管理者ともいわれる“microRNA”を生産します。ベルギーの研究チームは、X染色体から作られる全ての“microRNA”のマッピングを探したところ、免疫システムやがんにおける役割を発見しました。つまり、X染色体を2つ持つ女性は男性よりも免疫が高くなりやすく病気にかかりにくいのです。 トロント大学のフィッシュ教授も「二つのX染色体を持っていることと、XとYと別々に持っていることは、大きな違いを産むことになる。“microRNA”はがんや細胞の発達、免疫反応に関わる重要な整調遺伝子だ。このRNAはがんを促進するたんぱく質を抑制し、がんを防ぐたんぱく質を促進する機能がある。」と説明しています。

回復は男性のほうが早い?

しかしながら、強いと言われる女性の免疫システムにも弱点はあるのです。たしかに感染に関しての免疫には強いのですが、ひとたび感染してしまった時の話は違います。女性が感染にかかった場合、男性に比べて激しい炎症反応に繋がる可能性が高いのです。このことは女性の方が自己免疫疾患になる可能性が高い事と同じで、インフルエンザにかかった場合においても、女性は男性に比べてその症状が重くなると言われています。 女性は病気に対して免疫が強いけれど、回復には時間がかかってしまうということを知っているだけでも、日常生活の何かの役にたつかもしれません。

参考文献
http://www.pnas.org/content/106/22/9016.abstract?sid=776beeb1-6b47-473a-b6eb-cfa0717541b2

提供元: Geno(ジーノ)|遺伝子の?を!に変える

この記事に関連するタグ

Y染色体 X染色体 免疫 microRNA

読めば読むほどポイントが貯まる!

Bonus daily

10pt

Bonus login

pt /日目
OK